FC2ブログ
「あなたはどう思いますか」

不思議な能力のことに気をとられていた佑香は、突然斉藤にそう尋ねられ、意味を汲み取ることができなかった。

「え?」

斉藤の顔は、今まで整然と説明していたときとは明らかに違っている。

出合ったときに感じた圧倒的な『何か』は姿をひそめ、普通の、少し困っている男の顔だ。

顔をそらせて、うつむいて。こうしてみると、彼は鼻筋がとても綺麗で、結構悪くない。

そんなことをぼんやりと思った佑香は、自分の発想に驚いた。あんなに会うのが面倒だったのに、もうそんな風に思えるなんてどうかしている。

「記憶を・・・消したいと思いますか」

横道に逸れていた佑香の思考は斉藤の言葉で戻された。

これは契約の最終確認のようなものなのだろうか?

「・・・先生が、それが一番いいって・・・」

「先生ではなくて、あなたです」

斉藤は穏やかに言う。しかし佑香は問いただされたように感じた。自分の症状を自分がどう思うかなんて考えたことはない。決めるのは医師だ。だって病気なんだから。

「私は・・・わかりません」

しかし斉藤は引き下がらなかった。

「わからなくていいんです。医者じゃないんだから。ただ、あなたがどう思ってるのかを教えてもらえませんか」

「それがわからないと【消せない】んですか・・・?」

何だか怖い。

決断を迫られるのは好きではない。

まして、こんな大事なこと・・・

「・・・僕が」

斉藤は言いかけて目をそらした。

「僕が、知っておきたいだけです。すみません、嫌な気分になったなら謝ります」

「嫌っていうか・・・」

佑香は、何故か斉藤がとても気の毒になった。

自分には想像することしかできない凄い能力を持っているのに、彼はちっとも幸せそうではないからだ。

もっと自信満々で、有無を言わせない、怖い存在だと思っていたのに。

「嫌っていうか、少し怖いです。あなたを信用していないわけじゃなくて、記憶が消えたらどうなるのか・・・それが、わからなくて」

斉藤は佑香の言葉に視線を戻した。

「でも・・・私は・・・『あの記憶』が・・・お化けみたいなあの記憶が」

斉藤が腰を浮かせた。佑香は自分の声が震えているのに気がついた。

「もう言わなくていい、思い出してはダメです」

ああ、また人を心配させてしまった。自分のせいで。







スポンサーサイト



テーマ:連載小説 - ジャンル:小説・文学

社債担保証券で30代,40代の転職の準備
社債担保証券とは、社債を責任財産として発行される資産担保証券のこと http://quinate.catvtestchips.com/
【2008/09/01 Mon】 URL // #- [ 編集 ]
東京のバイク便
バイク便の検索サイト。東京、求人、大阪、格安、料金などバイク便に関する各種情報をお届けしています。 http://potter2.santamonicatravelodge.com/
【2008/11/15 Sat】 URL // #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://sonohyb.blog51.fc2.com/tb.php/11-ef056e3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 ソノハイブ all rights reserved.