FC2ブログ
マックの表にはパトカーが1台止まっていた。ツイている。
幸は警官が口を開くより早く話しかけた。時間が惜しい。

「車に乗せてください。後部座席、空いてますよね?」

「は!?」

35歳くらいに見える眼鏡の警察官は、取り押さえられたまま切り出した幸の言葉に眉をしかめた。

「中でパニックになってる女の子を保護して、パトカーに収容してください。今すぐに」

「何を・・・」

「特殊能力第7種、認定番号5番、斉藤幸。この人が掴んでる右手にIDがあります」

長袖はこういうときに不便だ。

反応の遅い警官に苛立ちながら、幸は声を荒げた。

「早く!」

大人しかった幸の怒鳴り声に、店員がビクリと手を緩める。
そのすきに抜け出した幸は、警官の目の前にバングルを一瞬かざし、店内に走り戻った。






______________________________



濡れている。

顔が、膝が、スカートが足にまとわりついてペッタリとはりつく。

嫌な匂い。

生ぬるい、生臭い、鉄っぽい、血の匂い。

血!

でも赤くない・・・このベッタリしたものは何?

気持悪い

気持悪い

 足が動かない



髪の毛?



「いや・・・っ!」



人が沢山集まってきて、でも誰も助けてくれない。誰か!誰かこれをなんとかして!



「いやぁ!」



怖い



サイレンの音・・・近づいて、止まって・・・誰かが腕を掴む。



無理矢理毛布でくるまれる・・・やめて!気持悪い!








スポンサーサイト



テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

米・雑穀・シリアル
米・雑穀・シリアル http://ellinge.archiunite.net/
【2008/08/30 Sat】 URL // #- [ 編集 ]
うさぎ
【2008/11/12 Wed】 URL // #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://sonohyb.blog51.fc2.com/tb.php/14-c6d54c37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 ソノハイブ all rights reserved.