FC2ブログ

クリニックのガラスのドアには内側からロールスクリーンが引かれていた。
時刻は22時すぎ。

「・・・そらそうか」

幸は立ち尽くしたまま、ぼんやりと呟いた。

せめて電話で報告しておこうと、その場で携帯を取り出した。

「あれ?」

真っ黒な画面。

そういえば、石見を片手に抱えたまま坂島と話したその後、通話を切った記憶が無い。

会話の途中で思考に迷い込み、そのまま【消して】、その後は脱力感を引きずりながら淡々と事後処理に突入していた。
その間ずっと放り出していた携帯、むしろポケットに入っていたことが奇跡かもしれない。
バッテリーは見事に使い尽くされて、起動することも出来なかった。

「くっそ・・・」

さっさと報告して、この【仕事】を終わらせてしまいたかった。

【消す】ときに、少しだけ垣間見えた石見の記憶がまだ瞼の裏に漂っている。
赤いぐちゃぐちゃとした最悪の映像。
彼女が1年間も抱え続けた体験。

幸は頭を強く左右に振った。

石見と同じ仕草で。


耐えられなかったのは彼女ではなく、自分だ。

苦しむ彼女を見守れなかった。

これでよく再審査などと言えたものだ・・・

そのとき、クリニックのガラスドアを目隠ししていたスクリーンがスッと持ち上がり、その向こうにすらりとした女の姿が現れた。

「幸、なにやってるの?」

「・・・みちる」

「ボール持ったまま音信不通になるランニングバックなんて最悪ね」

坂島は悪態をつきながら幸を中へ招き入れた。
こういうときの坂島は口調こそトゲトゲしいものの、立ち振る舞いが妙に柔らかい。

通話の途中で返事がなくなり、そのまま何時間も連絡が取れないというのは確かに最悪だ。

待合室のソファにドッカリと腰を下ろすと、急に身体が重くなる。

坂島が差し出す水のペットボトルを受け取ると、一気に半分空にした。
暖かいお茶などは間違っても出てこないのだが、幸にはこのくらいの距離感が返ってありがたい。

「・・・患者は?」

坂島は壁のカレンダーを見ながら尋ねる。
日付が知りたいわけではない。そのほうが幸が話しやすいと思ったのだろう。

スポンサーサイト



テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

ブラインド
ブラインドを探すなら http://www.umaiumai.biz/100804/205680/
【2008/11/10 Mon】 URL // #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://sonohyb.blog51.fc2.com/tb.php/16-d40a6b0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 ソノハイブ all rights reserved.