FC2ブログ
隣の部屋には次の被疑者がいるはずだ。
今と同じ方法で【消去】することができるだろう。

しかし、幸は足を止めた。

「・・・」

ほんの小さな違和感が何故か頭から離れない。

さっき、三田の記憶を見ている最中のことだ。
高速で流れる記憶の途中、一瞬だけプツリと幸の集中が解けた。

その後は何ごともなく、結局記憶の【消去】そのものは滞りなく完遂できたから問題はないのだが。

「・・・3回目だ」

眉をしかめて唇を噛む。

幸は被疑者がいる部屋のドアを2つスルーすると、空き部屋に入り、ドアを閉めて鍵をかけた。

ポケットから小型のレコーダーのような機器を取り出し、机の上に置く。

携帯電話くらいの本体から、コードに繋がった薄いパネルのようなものが伸びている。
このパネル部分はさっきまで幸の右手に仕込まれていたものだ。

今回のような件では、確かに記憶の【消去】が行われたという事実をどこかで証明しなくてはいけない。それが警察というものだからだ。

しかし厳密な意味での記録を残すことは不可能なので、このレコーダーで「一応証明したこと」としている。
幸がそんないい加減なことを決めたわけではない。
単に、まだ捜査システムとして組織に組み込むにはあまりに数が少なく前例もない【特殊能力】に対して、なんの仕組みも整備されていないというだけの話だ。

幸はレコーダーの小さな液晶画面を見つめた。三田の記録を再生する。


今回、幸が三田の記憶を【消去】するのに要したほんの数十秒の記録。

何度も再生して、食い入るように見つめる。あの違和感は確か最後の5秒くらいだったはずだ。

「データが粗い・・・」

苛立たしげにそう呟いた途端、幸は目を見開いた。

「・・・これ、か?」

ほんの小さな部位に、連続性のない変化が観察されたように見えた。

0.5秒という測定間隔の間で、その部分にだけ時間が「飛んだ」ような急激な変化が起きている。
まるで、アニメーションの原画を数枚抜いたようだ。
脳の、その部分だけ。

これがあの違和感の正体?

「原因は俺のほうにあるわけじゃないのか?」


静止したモニターに落ちていた幸の視線が、空をさまよいだした。









スポンサーサイト



テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学


管理者にだけ表示を許可する
http://sonohyb.blog51.fc2.com/tb.php/23-1a523eb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 ソノハイブ all rights reserved.