FC2ブログ
「あれ、幸さん?」

思わぬところで声をかけられ、幸は驚いて振り向いた。

林だ。

コンビニの明る過ぎる照明に浮き上がる、色の白いつるりとした顔。

「今日は出張だって聞いたのに」

「ああ、早く終わったんだ。思ったより手際のいい連中で」

「そうなんだ」

林はクリニックに居る時と変わらず、機嫌の良さそうな笑みを浮かべている。手にはプリングルスの長い缶。

「ジャンクフードなんか食べるのか」

「え?これ?食べるよ・・・変?」

「いや、こんな時間にそんなもの食べてても、健康そうに見えることは可能なんだな」

毛先まで新鮮な水が行き渡っているようなこの青年は、さぞや理想的な生活をしているのだろうと思っていたが、勝手な思い込みだったのかもしれない。

充血などしたこともなさそうな目を動かして、林は店内にかけられた時計を見た。

「・・・なんか食べる気うせちゃうよ」

笑いながら言いつつレジに向かう。

そういえば、幸は林のことを何も知らない。この辺りに住んでいるのだろうか?

艶のあるまっすぐな黒髪を見ながら、幸もレジへと向かった。



「幸さん」

「ん?」

自動ドアの前で林が言う。

「今日は随分目が黒いね」

「え?」

幸の目は、いつも黒い・・・と自分では思っているのだが。

見下ろした林は何故か少し意味ありげに笑っていた。

「幸さんは、仕事に行くたびに目の色が変わる。・・・知らなかった?」

「なんだそれ、どういう意味?」

「そのまんまだよ。昨日までは、栗の殻みたいな色してた」

何かの例えではないのか。

しかし、本当に虹彩の話をしているように林は言う。

「今は・・・黒い?」

「うん。ああいう明るいところにいくとよくわかる。クリニックとかね。部屋に戻って鏡見てみなよ。なかなか居ないよ、そんな真っ黒な目をした人」

林はそういうと「また明日」という言葉を残し、きびすを返した。

幸のアパートとは逆方向へ。

「・・・目の色?」

そういわれると、自分の目がどんな色だったか幸は全く知らない。思い出せないのではなく、意識して見たことがない。

しかし、人の目の色がそんなにコロコロ変わるはずは、ない。多分。

「あいつ、不思議ちゃんだったのか・・・」

林の後姿を見送りながら、幸は小さく呟いた。



  そんな真っ黒な目をした人は、なかなか居ない



林の言葉が引っかかり、幸はいつもより少し早足になった。







スポンサーサイト



テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学


管理者にだけ表示を許可する
http://sonohyb.blog51.fc2.com/tb.php/27-2a65d050
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 ソノハイブ all rights reserved.